英語絵本📚英会話

我が家の本棚です。サイズの小さいものから順に紹介してきましたが、サイズが大きくなってきた261冊目からは、テーマにちなんで紹介しています。絵本で沢山の英語に触れていると、英語力、表現力、会話力がつくだけでなく、癒されたり、読む毎に新しい発見があったり、日本語版との違いに触れられたり。英語の絵本を楽しんで、英会話の基礎固めはオススメです!! 小学校で読み聞かせをした時の反応も記録しています。   PC版は左上▼から記事一覧、検索をどうぞ

248. WHERE THE WILD THINGS ARE

 

いたずらして、
夕飯お預けで部屋から外出禁止になった少年 Max。

罰を受けるも、
突然部屋がジャングルに!?
ボートで航海、
片道1年以上の旅に出ます。
到着した先で出会ったものとは!?

絵のタッチが独特で、
いつ見ても新鮮です。
黒い線が多くて暗いはずなのに、
明るく輝いていたり。
かいじゅうたちは怖いはずなのに、
その表情は豊かです。

オススメ度:★★★★★

  • サイズ  縦22.7cm×横25.4cm×厚さ6mm
  • タイプ ペーパーブック
  •  ページ枚数 24枚
  • 1ページ行数 1〜3行
  • 難易度 易
  • 文字の大きさ 普通
  • 朗読時間 3分56秒


英単語

  • mischief
    いたずら、悪さ
  • tumble
    転がる、勢いよく流れる、宙返りをする
  • gnash
    食いしばる、歯をきしらせる
  • tame
    飼い慣らせれた、人に慣れた
  • frightened
    怯えた
  • rumpus
    大騒ぎ、騒々しい騒ぎ

小学校のクラスでの読み聞かせ

絵を見ただけで「知ってる!」と声の上がる、
食いつきが良い絵本です。

絵の細かい部分までは、
後の席の子には見えないかもしれませんが、
見開きで一つの絵のページ、
絵だけのページもあって、
独特な不思議な美しい世界に、
見ているだけでも飽きません。

Maxの冒険の往復と、
かいじゅう達の描写が繰り返されるので、
テンポよく読んであげるといいでしょう。

話の展開、
話のオチもあって、
小学校の読み聞かせにぴったりの一冊です。
全学年に使えます。


www.youtube.com


www.youtube.com